イトウコーヒーについて

よくある質問

コーヒーには、ストレートコーヒー以外に「○○ブレンド」と名前のつくものを見かけますが、何が違うのですか?
ストレートコーヒーは、ひとつの産地の豆だけを使ったコーヒーです。
産地ごとに違った風味を味わう楽しみがあります。これに対してブレンドコーヒーは、2種類以上の異なる産地の豆を使って新しい味わいに創り上げたコーヒーをいいます。
1杯当たりのコーヒーの粉の量はどれくらいですか?
ホットコーヒー1杯分の目安は、粉で約10gです。豆の挽き方や抽出方法によっても変わりますので、味の好みで調整してください。
コーヒーをいれるときのお湯の温度は何度くらいが、良いですか。
お湯は必ず沸騰させてください。沸騰したヤカンを熱源からおろして、約95℃くらいが良いとされています。
コーヒーの抽出にはどのような水が合いますか。
水には「軟水」と「硬水」があり、コーヒーにはカリウムやマグネシウムの含有量が少ない「軟水」が適しています。日本の水道水は軟水なので、コーヒーに適した水と言えます。硬水は、カフェインやタンニンの抽出を妨げコーヒーの味を損ねます。汲み置きした水、一度沸騰した水はあまり適していません。

コーヒーの賞味期限について

未開封の商品の賞味期限が切れています。飲んでも平気でしょうか。
期限が切れても直ぐ飲めなくなるということはありません。賞味期限切れのコーヒーを飲用しても体に害があることはありませんが、長期間経過したものは、香りがなくなっていたり、コーヒー豆の油脂分が変化して美味しくなくなります。
開封後はどれくらいの期限で使い切れば良いですか。
豆のままなら常温で約1ヵ月、挽いた後なら常温で2週間を目安に使い切ってください。コーヒーは酸素に触れるとどんどん劣化が進むので、商品は必要分をこまめに購入することをお勧めします。また、冷暗所で保管するなど保存にも気をつけましょう。
リキッドコーヒーは、開封後に残った分は10℃以下で冷蔵し、2~3日以内を目安に、お召し上がりください。ご家庭の冷蔵庫内の環境や空気中の雑菌等によって腐敗することもありますのでご注意ください。
コーヒーの賞味期限について、教えてください。
賞味期限とは未開封品を室温で保存されていた場合の「おいしく飲んでいただける期限」の目安です。期限を過ぎた食品が必ずしも食べられない、体に害があるということではありません。しかし味や風味に多少の劣化があります。また、直射日光があたるところ、高温になるところでは早くおいしさが損なわれることもあります。

コーヒーの品質について

コーヒーの粉の中に白い皮のようなものが見えますが、何ですか。
これはコーヒー生豆の表面にある薄皮です。コーヒー生豆を焙煎すると、薄皮のほとんどは剥離しますが、割れ目部分についているものは残ります。もともとコーヒー豆の一部なので異物ではありません。ご安心ください。
抽出したコーヒーの表面に油が浮いていますが、問題はないですか。
コーヒー豆の中には大豆と同じく、多くの油分が含まれており、抽出時に大部分がフィルターやコーヒーかすに残りますが、一緒に溶け出した油分が、コーヒー液に浮かぶことがあります。植物性の油なので、そのまま飲んでも、お体に害を与えることはありません。焙煎度の高い深煎りのコーヒー豆を使用した場合や、コーヒーの抽出温度が高かった場合に、起こりやすくなります。