コーヒー・コーヒー・イトウコーヒー

【名古屋・名駅】創業昭和11年・老舗喫茶「cafe TAKATORI(カフェ タカトリ)」のご紹介

 | 名古屋・西区


今回ご紹介するのは名古屋市名駅2丁目にある老舗カフェ「cafe TAKATORI(カフェ タカトリ)」様です。

今でこそ数多くの飲食店が立ち並ぶ人気のエリアですが、その地に店を構えてすでに80余年。
競合ひしめくエリアで4代に渡り営業を続けてこられたお店は、今も変わらずビジネスマンたちの休憩の場としておいしいコーヒーと食事を提供し続けています。

昼時には多くの人でごった返す繁盛店。

みなさんのお目当ては「TAKATORIのサービスランチ」や品目たっぷり「たかとり弁当」、それに冬季限定の伊勢直送の「カキフライ定食(時価)」、などなど。
TAKATORI自慢のメニューが何十食と運ばれていきます。

名古屋といえば忘れてはいけないのがモーニングサービス。

ここTAKATORIでは「トースト・ゆで卵・サラダ」といった正統派のセットが提供されます。
もちろんコーヒーは挽きたて。マスターがこまめに挽いて、少量ずつ抽出するので香り・コクともに豊かで飲みごたえある名古屋らしいコーヒーが、トーストによく合います

そんなcafe TAKATORIを、ここから先は写真と一緒にご紹介していきます。

cafe TAKATORIの外観

名古屋駅から北東へ10分ほど歩いた名駅2丁目エリア。
那古野交差点すぐそば「名古屋プライムセントラルタワー」と、その隣の高層マンションに挟まれる形でお店はあります。

縦向きに撮影するとこんな感じ。
すべて入りきらなくらい高いビルです!

真正面から。
ガラス張りでかなり開放感がありますよ。
気候の良い春や秋には大きなガラス窓が解放されて、すごく気持ち良いです。

テラス席もありますので、のんびり読書なんかいいですね。
それに外は気分が良いので商談も弾むかもしれません。席数が少ないのでお早めにどうぞ。
(※テラスのみペットOKです)

店内の様子

入ってすぐ、真正面に大きなスクリーンが目に飛び込んできます。
スポーツの試合中継も映るそうですよ(国際大会など)。

天井も高く、開放感のある空間になっています。
ペンダントランプのシェードもオレンジでかわいくて、外から見てもけっこう目立ちます。

椅子は背もたれのクッション性が抜群。
仕事や旅の途中の休憩にはちょうどよい心地よさです。

窓際の席から外を眺めて。
特に午前中は日光が差し込んできて、何とも言えない清々しい気分になれますよ。
(撮影当日は午後だったため、日陰になっています)

名古屋の喫茶店といえば気になるのが雑誌。

「雑誌の種類によって通うお店を決める」という方も多いのが名古屋の特徴。
ここcafe TAKATORIでは定番の週刊誌はもちろん、女性向けの本も多く揃っています。

お店を観察すると1人で来られる女性も多いので、そのニーズにマッチしているのだなと納得できます。
もちろん各種新聞も揃っているのでご安心を。

気になるモーニングセットの内容

名古屋といえばモーニング。

ここcafe TAKATORIでもコーヒー(または紅茶)を注文すると、モーニングセットが無料でついてきます。

初めて名古屋にきてこのサービスを受けると、

「コーヒーしか注文していないのですが、、」

と、びっくりされる方もいるようです。もちろん無料なので安心してください。

内容は、

・コーヒー
・トースト
・サラダ
・ゆで卵

となっています。

こちらはトーストにメインフォーカス。

コーヒーはカラコールブレンドを使用。
香り豊かで程よいコクがあり、人気のブレンドです。

こちらはトースト。
新鮮な業務用高級食パンを使用しています。
焼き加減も絶妙です。

こちらはサラダ。

数種類のフレッシュな野菜がブレンドされています。
毎日手作業で、野菜のカットからブレンド、盛りつけまでを丁寧におこなう「こだわり」サラダです。
ドレッシングは日によってオイル系、クリーミー系と変わりますよ。

定番のゆで卵も。もちろんお塩も付いています!
名古屋のモーニングといえば卵は外せません。

ついでに真上からも。
これがドリンクの価格だけでセットになります。

シュガーはお好みで白、またはブラウンを。

もちろん、カップにもこだわりが。

店名入りのカップ&ソーサーは「NARUMI」製。
シンプルなロゴが白いカップによく映えます。

程よい薄さで口当たりよく、コーヒーの味を引き立ててくれますよ。

コーヒーは豆の状態で仕入れており、マスターがこまめに挽いています。
なのでいつ来ても新鮮なコーヒーが提供できるんですね。

コーヒーミルは業務用の「カリタ ハイカットミル」。

マスターがイチ押しの唐揚げランチ

今回はランチもご紹介。

TAKATORIのランチといえば「唐揚げ」というくらい定番!

マスターが独自のブレンドで作り出したタレに十分漬け込んであるので病みつきになります。

それに1個が大きい!
カリッと揚がって中身は熱々ジューシー。
唐揚げ好きには一度は食べてもらいたい、そんな味です。

野菜もしっかり、つい不規則な食事になりがちなビジネスマンにもありがたい配慮ですね。
付け添えのパスタも味は日替わり。運がいいとベーコンスライス入りのモノが出てくるそう(チーフのオススメ)。

白いご飯のお供に「ふりかけ」も完備。
「ゆかり」「ごましお」からお選びいただけます。

もちろんソースもお好みで。

もちろん食事もオーダーが入ってから、ひとつずつ手作りです。

なので混雑時には提供まで時間がかかる場合がありますが、おいしいランチのためなら待ち時間も苦にならないと思います。

他にも人気ランチメニューの「たかとり弁当」。

手作りお惣菜がたっぷり入ってこの価格!

毎日完売必至なので、気になる方はお早めにどうぞ。

こちらのオムライスも人気。

・卵の焼き加減(しっかり包み焼き・半熟ふわとろ)
・ソース(ケチャップ・デミグラス)

をお好みで選択することができますよ!

ついでに中盛り・大盛りも。

ちなみに先ほど出てきた唐揚げランチはサービスランチのひとつ。
他にも、

・ハンバーグ
・ポークカツ
カツカレー(ミニサラダ付)

が、すべて720円で食べることができますよ!

カツカレーはかなりボリュームがあるので、がっつり食べたい方にはおすすめです。
もちろんカレーはマスターオリジナルブレンド、美味しくないはずがありません。
(食事メニューは11:30~15:00のみの提供となります)

もともとはパン屋さん

cafe TAKATORIは昭和11年創業。

名古屋の喫茶店の中でもかなり老舗の部類に入ります。

もともとは更に昔の大正時代、名古屋で製パン業を始めたのが始まり。
当初は現在の菊井町交差点から西へ少し行ったところでパンの製造を行っていたそう。
ですが道路拡張に伴い、現在の那古野交差点近くに移転されたようです。

そのタイミングでパン製造のみから転換、そのころ大須で流行り始めた喫茶店を取りれて、自社で焼き上げたパンと一緒に提供しよう。

というきっかけで現在のカフェに繋がっているそうです。
(現在はパン製造を行っていません)

そんな歴史がよく分かる、貴重な写真が店内には残されています。
喫茶店好きの方に1度はご覧頂きたいです。


(昭和11年:開店記念日)


(昭和11年:開店記念日 店内にて)


(昭和30年:店頭の様子)


(昭和36年:高取ビル完成記念)


(平成20年:高取ビル最終営業日)

スタッフさんの対応も気持ちいい

お店の魅力はそれだけではありません。

スタッフさんたちの対応もとても気持ちよく、いつも笑顔で大きな挨拶で迎えてくれます。
顔なじみのお客様も多く、いつも会話が絶えない印象。
退店される人も、

「またね!」「ありがとー!」

と、慣れた感じで帰って行かれます。

それにこんなモノも発見。
昨年、近所の小学生が体験学習に来られたそうで、そのお礼ですね。
お客様や地域の方とのよい関係性が伺えます。

そんな温かみのあるcafe TAKATORI。
純喫茶の面影は無くなってしまいましたが、マスターはじめスタッフさんたちの雰囲気は当時のまま。

名古屋にこられた際はぜひお立ち寄りください。

※cafe TAKATORI様で使われているコーヒー「カラコールブレンド」の詳細についてはこちらのリンクからご覧いただけます→カラコールブレンド>

cafe TAKATORI様に関する情報

・営業時間:7時半~18時(土曜のみ17時まで)
・喫煙席:12席
・駐車場:無し(近隣にコインパーキング有)
・定休日:日曜日・祝日(年末年始・お盆)
・住所:愛知県名古屋市西区名駅2丁目27−15
・TEL:052-541-0188

※この記事の情報は2017年4月時点のものです。
※メニューの価格や盛りつけ、営業時間等は変更になる事もあります。

※コーヒーの業務卸販売について

イトウコーヒー定番ブレンドをお店で使ってみたいという飲食店様からお問い合わせも頂いております。
ご興味があるオーナー様がいらっしゃいましたらお問合せ欄よりメッセージをお送りください。
イトウ珈琲商会営業本部より、折り返しご連絡させて頂きます。

イトウ珈琲商会営業本部へのお問い合わせはこちらをクリック>