イトウコーヒーについて

会社概要

イトウ珈琲商会は1951年に珈琲の焙煎販売をはじめ、以来60年以上にわたって地域の皆様に愛される珈琲を提供して参りました。その歴史を是非ご覧下さい。

イトウ珈琲会社の歴史
1951年 名古屋市東区白壁1-3に、創業者伊藤安太郎が創業
1958年 株式会社イトウ珈琲商会の法人設立   資本金150万円
1960年 名古屋市東区高岳町1-4へ本社社屋を新築、移転する
(昭和51年に東区泉1丁目7-25に町名変更)
1962年 資本金を300万円に増資
1966年 資本金を600万円に倍額増資
名古屋市南区御替地町に工場を新設
1962年 資本金を300万円に増資
1967年 資本金を1200万円に倍額増資
1969年 名古屋市北区落合町285に営業所ビル建設
ドイツ製焙煎機導入
1970年 名古屋市北区落合町285に工場移転
自動包装機購入
1971年 北営業所隣接地に倉庫を増設
グラインダー購入
1972年 資本金を1500万円に増資
1974年 名古屋市南区本地通り2-4-1に南営業所を新設
1977年 資本金を3000万円に倍額増資
1979年 名古屋市北区落合町209番地へ駐車場と2階倉庫新設
工場敷地内にコーヒー豆の倉庫を改築
1980年 資本金3000万円にて(株)イトウコーヒーサービスを設立
コーヒー挽き売り専門店「ワンテン」を名古屋市昭和区広路通りに新設
1981年 モデルルーム喫茶「ビーンズハウス」を名古屋市東区泉1-22-35に新設
1983年 挽き売り&スタンド喫茶「イトウコーヒー栄店」を名古屋市中区栄に開店
1984年 挽き売り「イトウコーヒー花見店」を名古屋市昭和区花見通りに開店
1991年 医薬品部「イトウファーマシー」名古屋市北区落合町192に開店
1993年 北工場の焙煎機購入 従来の2倍の生産能力と焙煎の自動化
1997年 代表取締役社長に伊藤太一就任
1998年 北営業所を営業本部に名称変更
2003年 安城市大山2-13-1にマンガ喫茶「モンブラン」を開店
2007年 安城市大山2-13-1に直営喫茶「珈琲遇暖・安城店」を開店
コーヒー豆粉砕機グラニュレーター導入
2009年 本店に店頭焙煎用ロースター「ノボ」を導入。その場で焙煎挽き売りを行う
2012年 北工場に多品種、小ロットへの対応の為小型焙煎機「フジローヤル」を導入
2012年 愛知県知立市宝3丁目6−1に直営喫茶「珈琲遇暖・知立店」を開店
2015年 豊田市丸山町3丁目に、「珈琲遇暖・豊田丸山店」を開店